医療事務ってそもそもどんな仕事?

医療事務ってそもそもどんな仕事?

医療事務の資格を持っている方に、なぜ資格を取ろうと思ったのか志望理由を聞いてみると、「求人がたくさんあり、すぐに仕事をすることが出来るから」、「家の近くの病院の事務職に応募したが、資格を持っているか尋ねられ、(当時はもっていなくて)不採用になってしまったので」と言ったことがよく聞かれます。

 

そもそも、一般的な事務職と医療事務ってそんなに違うものなのでしょうか。資格がないと難しい職種なのでしょうか。医療事務とは、医療現場に係る事務系の職種を総称して呼びます。医療現場での事務と言うと、代表的なものはレセプト(診療報酬)の業務が特徴的なものとして挙げられます。病院の診療明細書を見ると、診察や検査、処方といったものに点数が付けられています。この点数によって診察代(医療費)が決められているので、この点数や仕組みを理解しておく必要があります。

 

その他にも、受付業務、入院手続きの業務、処方明細、カルテ管理などから、今需要が高まっている介護事務まで。医療事務と一言に言っても、その種類は沢山あります。医療事務を選ぶ人は、この中から、自分が特化してどの資格を取得したいのかを決めて、チャレンジをしていくことになります。